• 開催案内
  • 1次審査結果 (セミファイナリスト20名) 提出プラン一覧
  • ファイナリスト決定 創業スクール10選 創業フェス
  • coming soon

平成29年度潜在的創業者掘り起こし事業(創業スクール) 第4回全国創業スクール選手権(ファイナリスト)

認定創業スクール&連携コンテストより、エントリーされた代表157プランの中からファイナリスト10名を選出しました。
2月23日(金)の最終審査を経て、経済産業大臣賞、中小企業庁長官賞を決定し、表彰を行います。

地 域

実施主体名

認定創業スクール
/連携コンテスト

氏 名

ビジネスプランテーマ

>

栃木県

株式会社栃木銀行

コンテスト

北原 めぐみ

車椅子の高齢者、障がい者の「笑顔をつくる」グッズの製作、販売
>

東京都

株式会社
まちづくり三鷹

コンテスト

高松 奈々

お笑い芸人が教える楽しい政治教育で若者の政治への関心を高める
>

静岡県

三島商工会議所

スクール

福川 登紀子

現代を生きる女性向け"made in Shizuoka"シャツのデザインと販売
>

愛知県

扶桑町商工会

スクール

國分 彩

我が家のママが夢を叶えてお菓子屋さんに!
アイシングクッキーであなたの想いを大切なひとに届けます
>

福井県

福井発!ビジネス
プランコンテスト
2017実行委員会

コンテスト

小林 忠広

地域の個性豊かな特産品を用いた、防災・備蓄の商品/市場を作る
>

兵庫県

宝塚商工会議所

コンテスト

飯田 英二

タカラヅカのニュースタイル<次世代型>デザイナーズ・サカナヤ
>

岡山県

株式会社中国銀行

スクール

ウィンモーソー

次世代産業分野に貢献する機能性可溶性ポリイミドの
樹脂の設計・開発・製造
>

愛媛県

株式会社伊予銀行

コンテスト

山岡 健人

伯方島「WOBRIDGE(ヲブリッジ)」プロジェクト ~国産ライムを起点とした、地域と日本・世界をブリッジ(橋渡し)する挑戦~
>

鹿児島県

川内商工会議所

スクール

久留須 千賀子

楽しむ・学ぶ くだものライフ
ー生きる、暮らす、そしていのちの物語ー
>

沖縄県

コザ信用金庫

スクール

堀尾 幸宏

うちなー婿が沖縄で仕掛ける!観光の新しい遊び&町おこしプラン

栃木県

北原 めぐみさん ビジネスプランテーマ 車椅子の高齢者、障がい者の「笑顔をつくる」グッズの製作、販売

連携コンテスト

第2回 とちぎんビジネスプランコンテスト

実施主体名称

株式会社栃木銀行

  • 事業概要

    車椅子を使用されている高齢者や障がい者の方々が、結婚披露宴や外食、旅行などシーンに応じたおしゃれを楽しむためのウェアやグッズのオリジナルブランド「テントライン」をスタートしました。撥水性や透湿性が高く、光沢の美しい高品位生地を採用し、会食時などに適した華やかなデザインの撥水エプロンや、車椅子用のレインコート、車椅子で外出する時に便利な軽量ツインバッグを商品化しました。介護する人、される人、車椅子を使う人たちのニーズに基づいた開発を行い、モニタリングを通して改良していきます。

  • 創業の動機

    服飾デザイナーとして29年働いてきましたが、母が転倒事故から車椅子生活になり、仕事と介護を両立することの大変さから、キャリア転換を考えるようになりました。介護中には誰に相談したらよいかわからないような不安や疑問がたくさん生まれます。そして、そんな気持ちの塞がる日々にこそ「ハレの日」が必要だと思い付きました。ハレの場は私だけでなく、母の心身にも活力を与えてくれました。そこで、これまでのキャリアを生かして、外出や遠出を避けたり諦めたりしていた車椅子の人たちの背中を押し、笑顔をつくるグッズを製作しようと考えました。創業によって、これまで会うことのなかった人との出会いがありました。多くの人との出会いに支えられながら、母が残してくれたことを諦めずに進めていきたいと思っています。

  • 将来の目標

    今年は、「テントライン」商品のカジュアルからフォーマルまで着こなしを提案するファッションショーを開催します。定期開催してブランド力の向上を図っていきます。10年後には、車椅子の方の外出や旅行などのさまざまな要望に応える「トータルパーソナルコーディネーター事業」を展開していきたいと思います。

東京都

高松 奈々さん ビジネスプランテーマ お笑い芸人が教える楽しい政治教育で
若者の政治への関心を高める

連携コンテスト

第14回 みたかビジネスプランコンテスト

実施主体名称

株式会社まちづくり三鷹

  • 事業概要

    女性お笑い芸人としてテレビや舞台で活動するかたわら、お笑いジャーナリストとして、お笑いを通して社会問題を発信してきました。若者の政治離れが指摘されるなかで、選挙権の18歳への引き下げが行われました。これを機に、若者にもわかりやすいオリジナルの政治教材「笑える! 使える! 政治教育ショー」を開発。株式会社笑下村塾を設立し、たかまつななをはじめ、理念に共感していただいたお笑い芸人さんを全国の学校に派遣して出張授業のサービスを行っています。

  • 創業の動機

    若い人たちにとって、政治は「よくわからない」「難しい」「投票に行くのが面倒」「投票しても変わらない」など、負のイメージが大きく、20代の若者たちの投票率の低さが問題視されていました。そうした中で、選挙権年齢が18歳へと引き下げられましたが、若者が政治をわかりやすく理解するためのコンテンツが充実しておらず、学校の先生もその対応に頭を抱えています。ならば自分でそうしたコンテンツを発信したいとの思いから、笑いながら主体的に政治について学ぶという新しいスタイルの授業プログラムを開発。お笑い芸人を全国の中学校・高等学校に派遣して、お笑いを交えながら楽しく政治教育を行うサービスを提供する会社を立ち上げました。

  • 将来の目標

    未来を担う若い世代が積極的に政治に参加することが、地域や日本の魅力を膨らませ明るい未来の創造につながります。そのお手伝いをすべく、「笑える」政治ショーをできるだけ多くの学校、若者に届けて、政治の大切さや面白さを学んでもらいたいと思っています。将来的には、政治教育ショーを担う芸人100人をキャスティングし、年間延べ200万人の若者たちに参加していただくことが目標です。

静岡県

福川 登紀子さん ビジネスプランテーマ 現代を生きる女性向け“made in Shizuoka”シャツの
デザインと販売

認定創業スクール

M-ステ 創業応援塾

実施主体名称

三島商工会議所

  • 事業概要

    遠州織物生地を使った静岡発のシャツブランド「KEYCO」を展開します。ブランド名には、着る人にとって大切な鍵(key)となり、永く連れ添う(company)シャツという意味を込めました。長く愛用される服、着る人を笑顔にさせる服がコンセプトです。スタンドカラーシャツにさまざまな替え襟を組み合わせることで、自分好みのスタイリングやシチュエーションに合わせたコーディネートができるのが大きな特徴です。シャツは襟から劣化しますが、替え襟によって劣化を遅らせる効果もあります。自分のスタイルと遊び心を持ち、質の高い服を長く大切に着たいという大人の女性のためにデザインしています。

  • 創業の動機

    静岡県西部の遠州地域は江戸時代には綿花栽培が盛んで、織・染色などの分業工程の工場が集まる日本有数の綿織物の産地でした。高い技術を持った静岡の職人が、旧式のシャトル織機等を使って低速で織り上げる遠州織物は、風合いが豊かで丈夫なため、長く愛用いただくシャツに最適な生地です。ロンドンでファションを学び、イタリア・ミラノでファッションデザイナーとして研鑽を積んできましたが、帰国して働いている時に、初めて地元に伝わる遠州織物を知りました。いつかは創業したいと抱いていた夢と、着るほどに優しい風合いが生まれる遠州織物の特性を生かしたシャツブランドというコンセプトが出会い、創業を決心しました。

  • 将来の目標

    寿命の短いファストファッションが世界的に隆盛を誇っていますが、良いものを大事に長く使いたいという方々に受け入れられるような服を作っていきたいと思います。3年後には国内に300人のファンを獲得し、5年後にはミラノやパリでの商品展開を図ります。10年後にはKEYCOがシャツブランドとして広く認知されることを目指しています。

愛知県

國分 彩さん ビジネスプランテーマ 我が家のママが夢を叶えてお菓子屋さんに!
アイシングクッキーであなたの想いを大切なひとに届けます

認定創業スクール

輝く女性の創業塾

実施主体名称

扶桑町商工会

  • 事業概要

    誕生日や結婚記念日など、特別な日のためのスペシャルな絵やメッセージを施したアイシングクッキーをつくるオーダーメイドのお菓子工房です。自宅敷地内に建設した工房で一つ一つ手作りし、インターネットを通じて販売をしています。大切な日のためにわざわざカスタムメイドするものなので、期待を上回るように私のクッキーは少し大きめです。お子さんにも安全でおいしいお菓子をと、体にやさしい天然着色料やフードパウダーを使用し、無添加にこだわって手作りしています。JolisFils(ジョリスフィルズ)という屋号は、たくさんの子どもたちを笑顔にしたいという思いから名付けました。

  • 創業の動機

    長男を出産した時、プレゼントにいただいたのが、アイシングクッキーとの出会いでした。アイシングクッキー作りを本格的に習得し、知人や友人にプレゼントしていたところ好評価をいただきました。会社を退職して自宅での仕事に切り替えることで、3人の子どもと過ごす時間を増やせるのではと考え、創業を決心しました。私の働く姿を見て、子どもたちの意識も変わりました。創業したばかりですが、母親の仕事を理解し尊重してくれているようで、それも創業してよかったことの一つです。

  • 将来の目標

    近々、お菓子教室を始める予定です。将来のお弟子さんたちの力も借りて、アイシングクッキー製造販売事業を早く軌道に乗せたいと考えています。ネット販売を中心に、リピーターを増やし、アイシングクッキー職人を育成しながら、アイシングクッキーの世界を広めていきたいです。将来は、アイシングクッキーといえばJolisFilsといわれるように、全国に知られるブランドを確立できればと思っています。

福井県

小林 忠広さん ビジネスプランテーマ 地域の個性豊かな特産品を用いた、防災・備蓄の商品/市場を作る

連携コンテスト

福井発!ビジネスプラン
コンテスト2017

実施主体名称

福井発!ビジネスプラン
コンテスト2017実行委員会

  • 事業概要

    地域の特産品を用いて、防災・備蓄に特化した防災用品をデザインし開発する事業です。これまでの機能一辺倒で、見た目にも味気ない防災用品とは異なり、地域の美味しい食品や工芸品などの特産品をセレクトして防災用品としてパッケージします。万が一の際に、防災グッズとして機能を果たすことはもちろん、お土産品としても魅力があり、使った人が小さな幸せを感じられる「お土産防災」という新しいジャンルの商品を目指しています。現在、福井大学や徳島大学・徳島文理大学の学生、地域企業とも連携し、地域ならではの魅力あふれる商品開発を進めています。

  • 創業の動機

    高校時代に東日本大震災のボランティアに参加した経験から、自然災害への備えの大切さを痛感すると同時に、将来、仕事を通じて社会問題を解決する手助けをしたいという思いを強くしました。現在、大学院で、社会問題に対してマクロな視点で統合的な解決策を提案するシステムデザイン・マネジメントを学んでいますが、大学院の友人たちと福井を訪れた際に、地域の自然・文化・特産品の魅力を肌で感じ、それらを外部に伝えるための手段として、特産品を防災や備蓄に使えないかと思いついたアイディアが、お土産防災を形にしようと考え出したきっかけでした。ご当地物を送る日本の「お土産文化」を生かして、買いたくなる、渡したくなる「お土産防災品」を開発し、地域の魅力を知ってもらうと同時に、防災・備蓄の意識を高められればと考えています。

  • 将来の目標

    「ご当地・お土産防災」という市場形成を通じて、日本全国で防災でも使える特産品のプラットホームを作成したいと考えています。お土産市場や防災備置市場の拡大のみならず、一般消費者や企業が、有事対応を常日頃から考える機会を提供することで、全国民の安全・安心に貢献できればと願っています。

兵庫県

飯田 英二さん ビジネスプランテーマ タカラヅカのニュースタイル<次世代型>デザイナーズ・サカナヤ

連携コンテスト

ビジネスプランコンテスト2017

実施主体名称

宝塚商工会議所

  • 事業概要

    新鮮で安全で美味しい魚介類を提供し、食べたい時に食べたい量だけ食べられる、そんな便利で新しいサカナの楽しみ方のスタイルを提案します。CAS冷凍をはじめ魚の冷凍・加工・パッケージ化技術の進歩はめざましく、今や、美味しさの面でも、安全性の面でも、鮮魚をしのぐと言われています。こうしたハイクオリティ冷凍の刺身やタタキ、干物などの商品を中心に営業展開を進めるとともに、これまで培ってきた建築設計のノウハウを生かして、店舗の外観から商品のパッケージまでをトータルにデザイン。店を訪れる喜び、商品を購入する喜び、美味しいものを食べる喜びの3つの喜びを叶える新しいサカナヤの実現を目指しています。

  • 創業の動機

    創業者が生まれ育った高知では、新鮮で美味しい海産物を毎日、口にするのが当たり前でした。かつて口にしていた美味しい魚を、居住地である宝塚市でも日常的に味わいたい、市民の皆さんにも提供したいと考えたのが創業のきっかけです。食や健康に関心があり、食にある程度コストがかけられる地元の女性や高齢者をターゲットに、ちょっとした贅沢、自分へのご褒美、手土産などのギフト使いのお店として位置づけました。

  • 将来の目標

    美味しいサカナを通じて、地元の人たちをハッピーにすることです。人と人のコミュニケーションを大切にすることで、地域商店街の活性化にも寄与していきたいと考えています。さらに、新鮮で安全、美味しい魚介類を求めている消費者にハイクオリティな商品を提供することによって、魚や漁業の潜在的な価値を引き上げ、漁師さんをはじめとした漁業従事者が誇りを持って働き続けられるきっかけづくりになればと願っています。

岡山県

ウィンモーソーさん ビジネスプランテーマ 次世代産業分野に貢献する機能性可溶性ポリイミドの
樹脂の設計・開発・製造

認定創業スクール

岡山イノベーションスクール2017

実施主体名称

株式会社中国銀行

  • 事業概要

    2016年、可溶性ポリイミドの樹脂の設計・製造・販売を行うウインゴーテクノロジー株式会社を設立しました。ポリイミドは、耐熱性、耐薬品性といった優れた材料特性を生かして、航空、宇宙、エネルギー、電子機器などに幅広く採用されています。ポリイミドはこれまでフィルムや膜状の製品として提供されていましたが、弊社では、世界で初めて液体状(可溶性)の低熱膨張性ポリイミド樹脂の開発に成功。これによりパワー半導体やリチウムイオン電池といった次世代産業用分野のキーデバイスを製造するための新たな基幹素材としての提供が可能となり、幅広い市場開拓につながるものと期待しています。

  • 創業の動機

    ヤンゴン工科大、九州大学院にて、表面技術、金属を含めた新規素材材料等の研究で博士号を取得。卒業後は、ポリイミド素材関係の開発製造会社で約18年、研究に従事していました。より顧客ニーズに沿ったポリイミド製品の提供を行うためには、独自の原材料の開発が必須だと考えましたが、所属していた会社では研究・開発の機会に恵まれませんでした。そこで独立を決意し、会社設立と同時に可溶性ポリイミドを実現する新たな素材となるジアミンの開発に成功。可溶性ポリイミド原料の構造及び製法の2つの特許を取得することができました。

  • 将来の目標

    当面の事業目標として5年後の株式上場を目指しています。主な販売ターゲット層である、パワー半導体やリチウムイオン電池は、市場規模が2008年から2020年までに約5倍に成長することが予測される巨大成長市場です。既に創業時よりパワー半導体やリチウムイオン電池メーカーと共同で部品開発を行っており、高い信頼を勝ち得ています。また、将来的には祖国ミャンマーに戻り、日本での事業経験や人脈を生かして、産業革命を起こして祖国の発展に貢献したいと願っています。

愛媛県

山岡 健人さん ビジネスプランテーマ 伯方島「WOBRIDGE(ヲブリッジ)」プロジェクト~国産ライムを
起点とした、地域と日本・世界をブリッジ(橋渡し)する挑戦~

連携コンテスト

第4回いよぎんビジネスプランコンテスト

実施主体名称

株式会社伊予銀行

  • 事業概要

    耕作放棄地を利用した国産ライムのオーガニック栽培の確立を目指して、大学の農学博士や世界的に有名な飲料メーカーと連携して、耕作放棄地復活へ向けた取り組みをスタートしました。同時に、空き家をコワーキングスペースへリフォームし、テレワークの環境を整備することで、県外の方が仕事をしながら農業を楽しむ「グリーンツーリズム・ワーケーション」を展開。地域へ人の流れを作り、国産ライムを使った飲料や化粧品などのブランド化を一緒に開発することで、地域に「みんなのふるさと」を作る活動を進めています。

  • 創業の動機

    起業を目標として東京でキャリアを積む中で、故郷である愛媛県今治市での起業・移住の思いが強くなっていました。同時に地方移住を希望する人たちの障害や不安を取り除き、安心して地域で就労・生活できるような環境づくりの必要性を痛感していました。瀬戸内海の伯方島にある、祖父が生きた証として残した耕作放棄地がきっかけとなり、国内生産されていないライム栽培の可能性に着目。採れたてで新鮮なライムを提供するとともに、ライム加工品を開発することで、通年での需要が創出できると考えました。耕作放棄地の再生による農業人口減少に歯止めをかけるとともに、豊かな環境の中で働きたいという人のためのテレワーク施設を整備することで、県外から愛媛への移住促進も図れると考えています。

  • 将来の目標

    国産ライム栽培を近隣の耕作放棄地や畑への伝播を進め、契約農家を増やすことによって収穫量の増大を図るとともに、愛媛の地域企業と連携して国産ライムを使った商品開発を進め、地域ブランドの創出を図ります。さらに、こうした地域資源を活用した地方ブランドを生み出す事業をパッケージ化して全国展開を図り、各地で生まれた商品を「ALL JAPAN」ブランドとして世界へ向けて販路拡大を目指していきます。

鹿児島県

久留須 千賀子さん ビジネスプランテーマ 楽しむ・学ぶ くだものライフ
ー生きる、暮らす、そしていのちの物語ー

認定創業スクール

薩摩川内市創業スクール

実施主体名称

川内商工会議所

  • 事業概要

    地元名産のみかんに、遊びと学びの要素を加えたブランディングを施した「おうちみかん」を開発しました。温州みかんのシーズン全体を一つの物語と捉えた販売方法を採用し、ストーリー性のあるパッケージデザインとネーミングで、家族に楽しい思い出を提供します。また、みかんの木を題材にした絵本『マザーツリー物語』や栽培の様子を綴った「農園日記」を発信。「おうちみかん」のブランド力向上を図ります。オンラインショップでは、温州みかんのほか、地域の農産物や加工品を幅広く扱う予定です。また、SNSを利用して、みかんの木のバーチャルオーナーを募り、その木から採れたみかんをお届けするという販売プランも考えています。

  • 創業の動機

    結婚を機に、温州みかんやぶどう栽培を手掛ける果樹園(クルス)の運営に携わるようになりました。そして、自然の脅威にさらされながら、試行錯誤を繰り返す農業の厳しさと、それにも関わらず収益的には必ずしも報われないことを知りました。クルスでのネット販売を担当して得た経験から、収益改善には、商品に付加価値を加えたブランド創出こそが必要と考え、新たにクラフトクローバー株式会社の設立を決意しました。女性ならではの感性を生かした、新しい商品開発と販売をスタートします。

  • 将来の目標

    さまざまな商品開発によって、みかん生産を収益性の高い産業として再生を図りたいと考えています。直売所を開設して輸送が難しい最も美味しい完熟みかんを販売したり、農業や田舎暮らしに興味を持っている人を対象に、繁忙期の果樹園で収穫体験をしていただく農泊を行うなど、みかん生産への関心を高め、新規就農者開拓につなげたいと思います。後継者不足、人口減少の課題を抱える薩摩川内市東郷町を、再びフルーツの里として全国に知られるようにしたいと願っています。

沖縄県

堀尾 幸宏さん ビジネスプランテーマ うちなー婿が沖縄で仕掛ける!観光の新しい遊び&町おこしプラン

認定創業スクール

コザしん創業スクール

実施主体名称

コザ信用金庫

  • 事業概要

    沖縄本島中部のうるま市を拠点に、トライクと呼ばれる三輪バイクを使った先導ガイド付きの体験ツアーを行う事業を計画しています。普通自動車AT免許で運転できるトライクをお客様にレンタルし、お客様の前を先導しながら沖縄中部の隠れた絶景スポットを探索しながら各所を巡るツアーを提供します。既存のレンタルサービスに、お客様を先導して案内しながら沖縄の魅力を体験していただくという、これまでにない付加価値を付け加えることによって、沖縄観光の新しいサービスとして認知され、新たなお客様を呼び込むことができると考えています。1ツアー4人まで対応できるよう、5台のトライクを準備しています。

  • 創業の動機

    今から6年前、新婚旅行で訪れたグアム島観光で、先導ガイド付きの大型バイク(ハーレー・ダビッドソン)ツアーに参加したことが創業の大きなきっかけとなりました。ローカルな道を走り、地元の食べ物を食べ、普通の生活が見られる貴重な体験をすることができたのです。そこで、まだ日本では誰もやっていない新しいビジネスを妻の故郷、沖縄の観光に生かせないかと考えました。そんな時に出会ったのが、バイクでも自転車でもなく、気軽に運転ができるトライクでした。

  • 将来の目標

    うるま市は、那覇市や美ら海水族館がある本部半島に比べて観光客は多くありませんが、一方で、まだ磨かれていない観光資源が豊富な地域です。うるま市と離島を結ぶ堤防上に造られた「海中道路」は、沖縄でも指折りの絶景が楽しめるスポットとして人気が高まっています。この海中道路を渡って離島観光を楽しむ体験ツアーを計画しており、うるま市のPRと地場産業の活性化につながる新しい観光スタイルを確立することによって、観光客が足を運びたくなる場所にすることを目指しています。

創業スクール10選

今年度、全国の認定創業スクールの中から、地域に根ざした創業支援の取り組みや受講者満足度調査で高い評価が得られた実施主体を「創業スクール10選」として選定いたしました。また、4年目となる今回の「創業スクール10選」においては、4年連続「創業スクール10選」に選出された2スクールを、「特別賞」として表彰させて頂きます。
選ばれた創業スクールには、2月23日(金)に開催される「第4回全国創業スクール選手権&創業フェス」で創業スクール10選としてブース出展いただき、優れた創業支援の取り組みやノウハウの共有などを実施します。

創業スクール10選 特別賞(4年連続創業スクール10選)

地域 実施主体名
東京都 一般社団法人練馬区産業振興公社特別賞
奈良県 奈良県商工会連合会特別賞

創業スクール10選

地域 実施主体名
福島県 一般社団法人グロウイングクラウド
埼玉県 公益財団法人本庄早稲田国際リサーチパーク
東京都 株式会社町田新産業創造センター
山梨県 株式会社山梨中央銀行
静岡県 三島商工会議所
岡山県 岡山商工会議所3年連続
岡山県 株式会社中国銀行
宮崎県 宮崎商工会議所3年連続
鹿児島県 川内商工会議所
沖縄県 コザ信用金庫

創業フェス

創業を支援する事業者や過去の創業スクール受講生等によるPRブースを設置し、創業支援支者・創業者・創業希望者の連携を創出し、創業支援の向上を図る「創業フェス」を開催いたします。

優れた創業支援の取り組み紹介ブース

創業スクール10選 、全国のビジネスプランコンテスト情報、創業に関る情報・ノウハウを情報交換ください。

創業スクール修了生による事業PRブース

創業スクールで作成した「ビジネスプラン」を形にし、創業した修了生が「商品」や「サービス」をPRします。

氏 名 受講した創業スクール
実施主体名
受講年度 企業・団体名 事業内容
境 悠作 特定非営利活動法人
杉並中小企業診断士会
平成28年度 FROM NIPPON 日本各地にある地場産業企業や伝統工芸師とコラボレートして現代の生活に合わせたオリジナルプロダクトのデザイン開発提案事業
山野 昌二 みどり合同税理士法人 平成26年度 アイデアメッシュ
(都市型ガーデニング)
網体の結合構造(特許)で街並みに潤いを与える環境をプロデュースする事業
澤田 岳典 野田商工会議所 平成28年度 WORKS ZERO ガラスフィルム施工事業(フィルム1つで災害対策、防犯対策、省エネ対策等快適な生活を提供)
戸田 さつき 一般社団法人とりで
起業家支援ネットワーク
平成28年度 犬雑貨ルンカ ・オリジナル設計の犬用リード、首輪の製造販売事業
・犬をモチーフにした雑貨の販売事業
浦木 教司 株式会社OCL 平成28年度 株式会社和歌山いこら 紀州(和歌山)ひのきの木工品製造、地元農家の食品卸業
冨田 英男 諏訪商工会議所 平成26年度 M-FROG ・歴史的文化財の精巧レプリカ制作販売
・文化財のデータ化保存・本来の姿を正しく保存し後世に繋げる事業
大石 かおり 株式会社コッコト 平成27年度 大石かおり一級建築士事務所 顧客のライフスタイルと希望を汲取り、建築士としての提案を盛込んだ、手描きスケッチのコミュニケーション
図面の作成サービス
藤原 加容子 株式会社はぐくみ 平成28年度 INSCAPE 高さも幅も調整可能な新しいスタイルのカーテン
「スケープカーテン」の製造・販売事業

※こちらの出展ブ一ス一覧は2018年1月31日時点のものとなります。

創業に関する相談コーナー

「ビジネスプランってどのようにつくるのか?」「収支計画や事業計画をどのように作ったらいいか?」「販路拡大をするにはどうしたらいいか?」「資金調達の仕方を相談したい」「活用できる補助金などを知りたい」などなど、金融機関・専門家に気軽に相談ください。

企業・団体名
東京信用保証協会 日本政策金融公庫

当日の観覧を希望される方はこちらから予約申し込みをお願いいたします。 参加費:無料 定員:500名(定員になり次第締め切ります)